明宝レディースのあゆみ

明宝レディースのあゆみ

明宝レディースのあゆみ

女性の力で始まった女性だけの会社

仲良しグループ

もともとは農家のお嫁さん7人からなる「仲良しグループ」で作り始めたトマトケチャップ。

明宝レディースは平成4年に設立された第三セクターの会社。昭和50年結成の農村の女性達の「仲良しグループ」がその母体。
米の減反に悩む村で、何とか女性の力で活気づけられないだろうかと、トマト栽培を始めました。村でもトマト栽培が盛んになると、供給過剰になり、余り物のトマトが多数出るようになりました。これを活用しようと始まったのがケチャップ作りであり、明宝レディースをここまで大きくした第一歩でした。 以後加工品などに取り組み、平成元年に6年の月日をかけ、トマトケチャップを開発・販売し、現在に至っております。

昭和36年
芝生グループ結成(グループ員11名)
食生活の改善、生活環境の改善及び親睦集団として発足
昭和50年
仲良しグループ結成(グループ員7名)
昭和52年
グループ員で夏秋トマト栽培に取り組む
昭和56年
青空市場の開設(村民センター前 毎月第2・第4日曜日)
こんにゃくの試作及び製造販売
昭和57年
奥美濃物産店に朴葉ずしを1週間出品する(名古屋市)
全国グループ活動実績発表大会に岐阜県代表として出場(芝生グループ)
昭和58年
トマトケチャップ試作
若草グループ結成(グループ員10名)
昭和61年
明宝村農業婦人クラブ結成
郷土食「おからもち」の製造法の統一
岐阜県農業フェスティバルの明宝村農業婦人クラブコーナーを設け「おからもち」を販売する
昭和63年
摘果メロンの酒粕漬、飛騨紅かぶ漬の商品化に取り組む
平成元年
農産物加工所建設、56.63m2(わがむら特産物推進事業)
漬物、ソース類、そうざい、こんにゃくの製造営業許可取得
トマトケチャップの製造、販売開始
平成2年
青空市場を磨墨の里公園(道の駅 明宝)へ移転(毎週日曜日開催)
スイートコーン栽培及び加工、冷凍貯蔵に取り組む
めいほうスキー場に「農業婦人の店」開店
平成3年
農産物加工所に貯蔵室増設(9.94m2)もち加工施設1式導入(ふるさと産品育成事業)
全国グループ活動実績発表大会に岐阜県代表として出場(仲良しグループ)
平成4年
株式会社明宝レディース設立
明宝温泉にうどん・そばの店「ゆうゆう」開店
平成6年
加工所改造工事(19.87m2
事務所兼休憩所増設(26.50m2
仕出し業営業許可取得 弁当・朴葉ずし製造開始
平成7年
全国レディースサミット開催
明宝温泉の改装に伴い「ゆうゆう」一時閉店
明宝温泉 湯星館内にておふくろの味処「ゆうゆう」として新装開店
平成8年
デイサービスにて昼食担当
平成9年
中日農業賞を受賞
新工場を同村寒水268-1(現 郡上市明宝寒水)に移転
平成10年
明宝温泉 湯星館内「ゆうゆう」リニューアルオープン
平成15年
小泉首相(当時)と握手を交わす本川(和服の女性)

小泉首相(当時)と握手を交わす本川(和服の女性)

政府主催の「地域産業おこしに燃える人の会」に弊社代表取締役 本川選出
 
第8回ちいき経済賞「ふるさとスピリット賞」受賞
 
道の駅 明宝(磨墨の里公園)内に食事処「おかみさん」を開店
平成16年
明宝村を含む郡上郡7町村が郡上市へ合併し、本社所在地を「岐阜県郡上市明宝寒水268-1」へ変更。(「おかみさん」「ゆうゆう」の所在地も変更。)
農林水産省「立ち上がる農山漁村」に選定
岐阜県農林水産オリベ賞 受賞
平成19年
弊社工場を見学する今村農林水産大臣(左から2人目)

弊社工場を見学する今村農林水産副大臣(左から2人目)

農林水産省「農山漁村の活性化に関する現地意見交換会」出席、弊社工場視察
平成20年
農商工連携88選に選定
経済産業省と農林水産省の共同プロジェクト「農商工連携88選」に選定
平成22年
明宝温泉湯星館「ゆうゆう」事業譲渡
平成23年
「トマト3姉妹」発売
 
代表取締役の本川榮子が取締役会長に、取締役専務の鷲見美代子が代表取締役に就任。
平成27年
取締役専務の清水奈美江が代表取締役に就任。

ページトップへページトップへ